キャンドルのご使用方法
注意事項
● 火がついたキャンドルのそばを絶対に離れないでください。
● 耐熱皿等の上でご使用ください。
● 芯は短めにまっすぐ保ってください。
● カーテンなどの燃えやすい物や、溶けやすい物の上などでは使用しないでください。
● 窓の側やエアコンなどの風が吹くところ、不安定な場所では使用しなでください。
● 使用中や火を消した直後は、ロウや芯に絶対に触れないでください。
● 小さなお子様やペットの手の届かない場所でご使用ください。
● 長時間連続して使用しないでください。
● 就寝前には必ず消火を確認してください。
● 火の取扱いや火傷には十分ご注意ください。
● 直射日光が当たる場所や高温の場所に保管しないでください。
 


ピラーpic ピラーキャンドル
  1. ご使用前には、ラベルなど全てはがし、芯を4〜5mmの長さに切って、キャンドルに付着した埃や残りカスなどをきれいに取り除いてください。 (芯が長すぎると炎が大きくなり過ぎたり、煙やすすが出やすくなります)
  2. 燃え方が偏らないよう、芯は常に中央に、まっすぐ保つようにします。短時間で火を消すと周りを残して中央だけが深く溶けてしまいますので、端 にわずかに壁を残すまで十分燃やしてください。キャンドルの状態を見ながら、燃焼時間を調節しましょう。
  3. 溶けたロウがこぼれそうな時は、すぐに火を消して、固まってからまた火をつけ直してください。
  4. 最後まで全部使い切ることはせず、底から2〜3cm程度残して消火してください。
  5. 火を消す時はツールなどを使い、溶けたロウの中に芯を浸けて消すと煙が出ません(消した後は必ずすぐに芯をまっすぐに戻します)


グラスpic
グラスキャンドル
  1. ご使用前には、ラベルなどを全てはがし、キャンドルに付着した埃や残りカスなどをきれいに取り除いてください。
  2. 芯はまっすぐ立て、5〜6mm以上ある場合は、はさみでカットしてください(芯が長すぎると炎が大きくなり過ぎたり、煙が出やすくなります)
  3. 燃え方が偏らないよう、芯は常に中央に保つようにします。
  4. 耐熱ガラスを使用していますが、炎がグラスに直接当たると割れる可能性があるので、風のない場所でご使用ください。
  5. 最後まで使い切らず、芯が残り1.5cm程度になったら消火してください。 火を消す時は道具を使い、溶けたロウの中に芯を浸けて消すと煙が出ません(消した後は必ずすぐに芯をまっすぐに戻します)


ボタニカルpic ボダニカルキャンドル
  1. ご使用前には、ラベルなどを全てはがし、芯を4〜5mmの長さに切って、キャンドルに付着した埃や残りカスなどをきれいに取り除いてくださ い。
  2. 最初にボタニカルキャンドルを点灯す際は、最後まできれいに使っていただく為に、直径に見合った十分な時間点灯する必要があります。目安とし て、直径により異なりますが、キャンドルの外側から2〜3cm程度までロウのプールが広がるのが理想的な状態です。最適なプールを形成するには長時間かか りますので、火の取扱いには十分注意してください。
  3. 2回目以降は、一度に3時間以上の点灯はしないでください。ボタニカルキャンドルを長時間連続して点灯すると、外形の崩れに繋がることがあり ます。キャンドルの様子を見ながら燃焼時間を調節しましょう。
  4. 芯は常にまっすぐ中心位置に保ってください。もし中心からずれてしまったときは、一旦火を消してからツールやピンセットなどを使い芯を中心に 戻してください。炎の位置が偏ると、一定方向だけ早く溶けてしまう原因となります。
  5. 最後まで全部使い切ることはせず、底から2〜3cm程度残して消火してください。
  6. 火を消す時はツールなどを使い、溶けたロウの中に芯を浸けて消すと煙が出ません(消した後は必ずすぐに芯をまっすぐに戻します)


ソイpic ソイワックス
  1. ご使用前には、ラベルなどを全てはがし、芯を4〜5mmの長さに切って、キャンドルに付着した埃や残りカスなどをきれいに取り除いてくださ い。
  2. ソイワックスはススが出にくく、性質が水溶性のため、容器の中に燃え残ったロウを石けん等で簡単に洗い流すことができ、ワックスを洗い流した 水も自然界での生分解性が高く環境にやさしいキャンドルです。
  3. ソイワックスは低温でゆっくり燃えるワックスなので石油から作られたパラフィンワックスのキャンドルよりも1.5倍程度長く使用することが できます。
  4. ソイワックスを使ったキャンドルは表面に凹凸ができたりひび割れたりする場合が多々あります。それはソイワックスを100%使用した場合にと ても多く起こる現象で人為的、制作ミスによるものではありません。あらかじめご了承ください。なお、何度か点火・消火を繰り返した時にもその状態になる場 合がありますが、使用する上でまた品質上全く問題ありません。
  5. 芯は常にまっすぐ中心位置に保ってください。もし中心からずれてしまったときは、一旦火を消してからツールやピンセットなどを使い芯を中心に 戻してください。炎の位置が偏ると、一定方向だけ早く溶けてしまう原因となります。
  6. 最後まで全部使い切ることはせず、底から2〜3cm程度残して消火してください。
  7. 火を消す時はツールなどを使い、溶けたロウの中に芯を浸けて消すと煙が出ません(消した後は必ずすぐに芯をまっすぐに戻します)


ミツロウpic 蜜蝋(ビーズワックス)
  1. ご使用前には、ラベルなどを全てはがし、芯を4〜5mmの長さに切って、キャンドルに付着した埃や残りカスなどをきれいに取り除いてくださ い。
  2. 蜜蝋はパラフィンワックスで作ったキャンドルとは違い、ススが出にくく燃焼時間が長いのが特徴です。
  3. 燃焼時にマイナスイオンを発生し天然の抗菌作用により、室内の悪臭や花粉・ウイルスなどを除去すると言われています。
  4. 芯は常にまっすぐ中心位置に保ってください。もし中心からずれてしまったときは、一旦火を消してからツールやピンセットなどを使い芯を中心に 戻してください。炎の位置が偏ると、一定方向だけ早く溶けてしまう原因となります。
  5. 最後まで全部使い切ることはせず、底から2〜3cm程度残して消火してください。
  6. 火を消す時はツールなどを使い、溶けたロウの中に芯を浸けて消すと煙が出ません(消した後は必ずすぐに芯をまっすぐに戻します)